スチームコンベクションを活用したお惣菜メニューの開発と調理指導

テーマは「手作り惣菜」「美味しい惣菜」「売れる惣菜」「効率を高める作業手順」を掲げ実践的指導を行っています。
スチコン活用事例




手作り惣菜
店内で惣菜を調理加工することは一見魅力であり差別化に繋がりますが多くのリスクも伴うことを前提にしなければならない。
  1. 入手がかかる。
  2. 味が作る入によって違う。
  3. メニューが固定化する可能性がある。
  4. 衛生管理を徹底しなければならない。
  5. 仕込み作業、調理作業に時間がかかり販売機会をなくすことがある。




美味しい惣菜
大手スーパーの惣菜は一見美味しそうに見えるが食べると他のスーパーの惣菜と変わらないという評判を聞きます。
効率を重んじて惣菜業者に委託するアウトパック方式の惣菜から旬の食材を取り入れた惣菜や企業独白の味付けをした惣菜を提供してお客様の支持を得たいものです。温かいものは温かくのシズル感を大事にした惣菜を提供しましょう。




売れる惣菜
スーパーの惣菜を買いたくない理由の50%は
  1. 買いたくなるようなメニューがない。
  2. 見た目に美味しくなさそう。
  3. 白分で作るより割高だから。
  4. メニューが少なくマンネリしている。
家庭の主婦が作る惣菜のメニューをそのまま商晶として出すことはご法度です。
レシピに基づいたメニューの調理、盛り付けの重要性を認識しなければなりません。
当店のお客様年代層、嗜好性、地城性などの情報を当店のFSPデーター等活周しながら商晶開発売場作りを検討しなけれぱなりません。




効率を高める作業手順
スチームコンベクションは導入されているにも関わらず多くの企業では機能性の20%も使われていません。
スチームコンベクションの裏技を使えば色々なメニューが短時間に作ることが出来ます。又特売のメニューなどは短時間に大量生産することはいとも簡単なことです。